買取にかかる諸費用とは?

マンション買取にかかる費用とは売る為に売主が負担しなくてはならない費用を言いますので、売却する時はこういった売却費用の見積もりも予め売主は見積もっていたほうが良いでしょう。
売却にかかる費用としては、マンションという空間の売却になりますので、一戸建て住宅だと発生する土地にかかる費用は発生しません。
また売りに出すときは既に所有権がマンション買取業者の手に渡っていますので、再販時の公示費用も売主は負担する必要はありません。
一戸建て 売却 高く売るここまでは費用のかからない部分ですが、費用の発生する部分としてはローン抵当権の抹消登記費用、引越費用、そして所得税と住民税の負担です。
ローン抵当権の抹消登記費用とは住宅ローン残債が残っている場合に必要な経費で、通常は10万円から20万円程度を司法書士に支払います。
そして引越費用ですがこれは売主がその部屋から出て行く為の費用で当然、買主の負担にはなりません。
そして最後が所得税と住民税。
まず物件を売りますとそこで売主には代金が入ります。
言い換えるなら商品の売買と同じ扱いですので所得税がかかってきます。
ですから年度末の確定申告が必要です。
また住民税も売買契約を行った年までの負担が発生しますので、市役所や区役所への納付が必要なのです。
ですから税金はその世帯主の前年度の余得によって大きく異なるため、一概にいくらくらいかかるのかはわからない為、総額でいくらくらいかかるかは個人差がありますが、少なくとも引越費用と抵当権抹消登記費用の司法書士へ支払う費用を合算しても50万円以上は見ておいたほうが良いかもしれません。
マンションの買取とは売主にも結構な費用負担が発生するものなのです。

MENU